2016年11月27日日曜日

秋景色と11月の初雪と柴犬。

気がつけば、季節は秋。
落ち葉の上で散々ボール遊びをしたあとは、
手を突っ込んで、フセして休憩。
遊んでくれそうな人や犬を物色中です。


秋だなぁ、と思っていた4日後の11月24日の午前中、東京では初雪が降りました。
11月の雪は、54年ぶりのことだそうです。
柴犬コウキチ、おおはしゃぎでした。
(また、フセしてる…)


犬好きの人におすすめのコミック『庭のざぶとん犬』(くにのいあいこ著)、好評発売中です。

2016年7月18日月曜日

かぶりものと柴犬。

祝! 誕生日!
弊社の営業本部長・黒柴コウキチ(虹吉)が、7月17日に、6歳になりました。
柴犬のような中型犬の6歳は、人間の40歳くらいらしいです。
こんな格好が似合う、いいおっさんになりました。
誕生日当日は、大好物のキチンをたっぷりと楽しみました。


犬好きの人におすすめのコミック『庭のざぶとん犬』(くにのいあいこ著)、好評発売中です。

2016年6月7日火曜日

土と柴犬。

黒柴コウキチは、散歩の途中、時々、空き地や公園の土を掘ります。
そして、掘った場所に、フセをします。
涼しいんでしょうかね?
いろんなところが汚れるから、やめてほしい気もしますが、犬は楽しそうです。


土といえば、農業ですね。
日本ワイン農業研究所「アルカンヴィーニュ」を中心とした、玉村豊男さんのブログに書き下ろしを加えた新刊『ワインバレーを見渡して』が好評発売中です。

本書によると、「アルカンヴィーニュ」は覚えにくい、「空き缶ビール」とか「熱燗ビール」なら覚えやすい、といわれたそうです…。
(S)

2016年4月6日水曜日

桜と柴犬。

今日は会社に出社する前に、近所の公園に花見に行ってきました。
犬は、あまり桜に興味はなさそうでしたが、広い場所で楽しそうでした。
(S)

犬好きの方におすすめのコミックエッセイ『庭のざぶとん犬』(くにのいあいこ・著)も好評発売中です♪

2015年12月14日月曜日

雑誌に紹介されました。

庭のざぶとん犬』が雑誌に紹介されました。

まずは2015年12月14日(月)発売の『WAN』1月号です。

この表紙の柴犬さん、超美形。

WAN1月号の中で、『庭のざぶとん犬』の著者・くにのいあいこさんと、『犬しぐさ 犬ことば』の著者・雲がうまれるさんが、往復書簡を交わし、犬のことや制作のことなどを、語り合っています。
描き下ろしのイラストもあって、すてきな誌面(写真以外にも2Pあって、合計4Pの特集)でした。

そして、この往復書簡コーナーの次には、彫刻家・はしもとみおさんと黒柴・月くんの暮らしぶりが特集されていて、そちらもすてきでした! ぜひ書店で買って、楽しんでください〜。

続いてもう1冊は、「DOG LOVERSのための、ちょっとプレミアムなラフスタイルマガジン。」というキャッチがついたフリーペーパー『Wonderful Style』1月号。

こちらのInformation & Columnのページに、編集部が選ぶ1冊として掲載されています。

Wonderful Style』は、静岡県の愛犬家向けに発行されているそうです。
ちなみにここからデジタルブックで見ることができます。


書籍『庭のざぶとん犬』は、全国の書店、オンライン書店で好評発売中です。
WEB版『庭のざぶとん犬』は毎月11日(わんわんの日)に、更新しています。



2015年12月10日木曜日

全国10紙の新聞に『庭のざぶとん犬』の広告を出しています。

新聞広告掲載のお知らせです。
本日12月10日(木)〜12月16日(水)の期間に、下記の新聞に『庭のざぶとん犬』の広告を出しています。
朝刊一面下です。

北海道新聞 12月10日  東奥日報12月12日
岩手日報 12月15日  秋田魁新報12月11日
山形新聞 12月13日  福島民報12月15日
東京新聞 12月10日  中日新聞12月10日
大阪日日新聞 12月16日  西日本新聞12月10日

見かけた際は、かわいがってください。
よろしくお願いします。

【書店様へ】添付の注文書をご利用ください。


2015年6月26日金曜日

釣りしのぶに癒されております

朝顔やほおずきなど、夏になるとあちこちに市が出て、
あぁ、そういえば、何となく欲しいな、と思うような季節ものが、いろいろありますが、
なかでも「あれは一体、何なんだろう」と気になっていたものをとうとう入手し、
ただいま仕事場に飾っております。

それは、釣りしのぶです。



本来は家の軒下につるして楽しむものですが、こちらはどこにでも置ける便利な自立式デザイン。
江戸川区・萬園の、つりしのぶ職人の方の作品です。

小ぶりなサイズで、机の上にも置けるので、間近で観察する楽しみがあります。

この玉状のもの、竹などを芯にして山苔を巻いて、
さらにそのまわりにしのぶ草というシダ植物を、ぐるぐると巻き付けたものだとか。

しのぶ草は、とにかく、とても強い植物だそうで、
夏が終わったら、乾かしてビニールに入れて冬越しすれば、来年も葉をだしてくれるのだそうです。水のやり方も独特で、このままざぶっと2〜3分バケツに沈めます。


……いやしかし、見ていて飽きません。



最近、にょきにょきと芽が伸びてきました。
これもまた、ケモノの尾のようで、面白い。
しのぶ草以外の植物もちょこちょこ生えています。

癒されます…。(K)